緑と福祉財団

成年後見人制度とは?

認知症、知的障害、精神障害など、判断能力が不十分な状態の人の大切な財産を管理したり、 必要なサービス
(介護・医療)を受けるためのお手伝いをする身近な仕組みです。 ご自身のために、あるいは大切な方のために
上手に利用してください。


  • 任意後見と法廷後見の画像
  • 青年後見制度の画像
  • 青年後見制度流れの画像
  • 専門家に相談するメリットの画像
  • 申立てに必要なものの画像
  • 成年後見制度Q&Aの画像
  • 任意後見制度の画像
  • 任意後見制度の画像

上へ

成年後見制度の流れ

  • こんなことでお困りのときは画像
  • お電話での相談画像
  • 訪問画像
  • 後見申し立て・後見人を選ぶ画像

一般財団法人 日本緑と福祉振興会は、高齢者、障害者が地域
で安心して生活していくための 権利と尊厳を支える福祉システム
の構築を目指し、ご利用者に最適な後見人を推薦します

上へ画像

成年後見制度一覧

後見 保佐 補助
対象者 ほとんど判断ができない
状態
判断能力が
著しく
不十分な状態
判断能力が
不十分な状態
申立人 本人・配偶者・四親等内の親族・市町村長など
本人の同意 不要 不要 必要
成年後見人等の同意が
必要な行為
民法13条1項
所定の行為
申立の範囲内で家庭
裁判所が審判で定める
特定の法律行為
取消が可能な行為 日常生活に関する行為
以外の行為
民法13条1項
所定の行為
申立の範囲内で家庭
裁判所が審判で定める
特定の法律行為
代理権の範囲 財産に関する
すべての法律行為
申立の範囲内で家庭裁判所が
審判で定める特定の法律行為
*本人の同意が必要

上へ画像

専門家に相談するメリット

専門家(弁護士や司法書士)などに相談するメリットの画像

手間のかかる「申立書」の作成の代行(アドバイス)の画像
後見の申立書の作成は大きな手間と時間がかかります
 ・経験を元に、家庭裁判所の判断を予測して作成
 ・作成に費やす時間を軽減
ご家族の負担を大きく減らします
家族の笑顔の画像
申立後の流れを把握の画像
申立後も1年に1度の報告が必要です

専門家は流れを把握しているため、わずらわしい手続き
をすることなく書類作成をまかせることができます
故人の笑顔の画像

上へ画像

申立てに必要なもの

専門家(弁護士や司法書士)などに相談するメリット画像

上へ画像

成年後見制度Q&A

  • Q: 成年後見人はどのようなことをするのですか?
  • A: 成年後見人は本人の財産管理や、さまざまな契約を本人に代わって行います。
       成年後見人は、家庭裁判所にその仕事を報告して、監督をうけます。

  • Q: 成年後見制度を利用すると戸籍に載りますか?
  • A: 戸籍には載りませんが、東京法務局に登記されて、登記事項証明書が発行されます。

  • Q: 成年後見制度のデメリットはなんですか?
  • A: ①成年後見制度を利用すると、選挙権がなくなります。(後見のみ)
       ②会社の取締役や、医者等の一定の資格に就けなくなるといった 資格制限もあります。(補助は除く)
       ③印鑑登録ができなくなります。(後見のみ)

  • Q: 成年後見の申立てができる人は誰ですか?
  • A: 本人、配偶者、四親等内の親族、市町村長などに限られています。

  • Q: 成年後見の申立てから開始までどれくらいの期間がかかりますか?
  • A: 本人の聴取、鑑定手続き、後見人候補者の適格性の調査など、一定期間が必要で、
    個々の事案によって差異はありますが、2~4カ月かかります。

  • Q: 後見人になれない人はどんな人ですか?
  • A: ① 未成年者
       ② 家庭裁判所で解任された法定代理人、保佐人、補助人
       ③ 破産者
       ④ 行方不明者
    *本人に対して訴訟をし、またはした者、配偶者並びに直系血族
    *不正な行為、その他任意後見人の任務に適しない事由がある者


Copyright (c) Midori and Welfare Foundation. All Rights Reserved.