緑と福祉財団

くらしのサポート

福祉・くらしを考える上で避けて通ることができないのが、親族同士の相続問題ではないでしょうか?
身近な存在だからこそ一度意見の相違が生じると、そこから仲がこじれてしまい、疎遠になってしまう。という
ケースをよく耳にします。 一度こじれた関係の修復はとても難しいものです。そこで事前に相続に関する準備
をしておくことがとても重要になってきます。


~生命保険を活用した相続対策~“相続”が“争族”にならないためにの画像


  相続における最大のテーマは「家族の幸せ」。しかし中には、お金のこととなるとこんな争いも...

介護をしても「第三者」― 「争族」になってしまったAさんの例 ―の画像

そこで、事前の相続対策が重要になってきます。


  • 「誰に」「いくら」遺すかをあらかじめ決めておくことで、無用な争いを避けられます
  • 死亡保険金は手続き後1週間~10日程度で受け取れるので、遺された家族がすぐに 使えるお金を準備できます
  • 一時金で受け取った死亡保険金は、一定の非課税枠があるため、相続税の負担を軽く することができます

Copyright (c) Midori and Welfare Foundation. All Rights Reserved.